声優になるには~声優養成所で夢を実現する~

声優になるにはどうしたらいいのかお悩みの方へこのサイトは声優になるにはどうしたらいいのかお悩みの方へ、その道のりを詳しくご紹介しています。

各声優養成所について調査した結果や口コミ・評判、それぞれの養成所の特徴をまとめたリストもありますので、みなさんのご参考にしていただけたら嬉しいです。

評判の良い声優養成所を一覧表でご紹介しています

声優になるための第一歩~声優学校で勉強をスタート~

声優になるには、まず学校でレッスンを受けようお芝居未経験の方が声優になるには、まず基礎的な知識と技術を身に付けるためにも、声優学校で学ぶのが一般的です。

声優学校は大きく分けて、専門学校と養成所の二種類があります。

専門学校は文字通り、声優になるための勉強ができる学校で、高校卒業後の2年間通学する人が多いです。養成所は声優プロダクションや劇団が運営母体となった、いわば塾のようなもの。週1~2回の限られた時間の中で、実践的な技術を学んでいきます。

専門学校と養成所、この二つは具体的にどう違うのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを大まかにまとめてみました。

  専門学校 養成所
メリット 授業時間が多く、じっくり時間をかけて学べる。
就職活動の一環として、プロダクション所属オーディションを支援してくれる。
学歴として認められる。
週1~2回の通学が中心。限られた時間で効率良く学ぶことができる。
拘束時間が短く、仕事・学業との両立もしやすい。
専門学校に比べ、受講料が少ない。
声優プロダクションや劇団が母体のため、デビューの機会が多く与えられる。
デメリット 基本的に全日制のため、仕事や他の学校に通いながらの通学は難しい。
入学から卒業までに、短期大学と同等の学費が必要。
声優プロダクション直結でないため、多くの場合は養成所に入りなおす必要がある。
学歴としては認められない。
入所のオーディションがある場合も。
専門学校以上に、実力主義の要素が強い。

結論としては、養成所で声優の勉強をスタートすることがオススメです。

養成所はプロダクションが新人を発掘・育成するために作られたもの。養成所内で行なわれるオーディションに受かれば、在学中からもプロダクションに所属できます。

また、養成所の受講生に仕事を斡旋してくれるプロダクションもあるため、声優として仕事をもらうということを考えると、養成所の方が適しているといえます。

費用面で見ても養成所は専門学校の半分ほど、講義自体も短期集中の要素が強く、授業は週に1・2日というところが多いため、仕事をしながら・大学に通いながら、養成所で勉強をするということも可能となっています。

声優の知識や技術をじっくり学びたい!という方は専門学校を選択するのも良いと思います。ですが、費用や期間、声優としてのデビュー等を考えた場合、やはり養成所へ通うのが堅実だといえるでしょう。

おすすめの声優養成所まとめリスト

声優への道のり~プロダクションのオーディションに合格する~

プロ声優になるにはプロダクションに所属しましょう。声優学校で勉強をした後、本格的にプロの声優になるには、声優プロダクションに所属することが必要です。

フリーで仕事をされる方もいらっしゃいますが、自分で仕事を取るのはとても大変なこと。まずはプロダクションの所属声優を目指しましょう。

プロダクションに入るためには、オーディションに合格しなければなりません。これから技術を身につける養成所に入学するのとは、比べものにならない程狭き門です。ここの難関を潜り抜けることで、晴れてプロ声優へ仲間入りを果たすことができたといえます。

 

プロダクションのオーディションを合格した後は、「準所属」「あずかり」「ジュニア」と呼ばれる、正式な所属の前段階のような立場となります。その間に実績を残すことで、本格的な契約へとつながるのです。

そして大きな仕事を得るためには、オーディションに合格しなければならない。才能と実力、そして努力がものを言う、厳しい世界です。

このサイトでは、声優になるための流れや、プロダクション所属のためのオーディション必勝法も掲載していますので、チェックしてみてくださいね。

声優になるには?未経験からの5STEP

STEP1:適性を診断してみよう

声優になるには、声優養成所や専門学校に通うのが一般的ですが、その前に自分が本当に声優に向いているのかどうか知ることは重要なことです。

声優には色々な能力が要求されますが性格や行動から自分のタイプがわかる適性診断を紹介しています。

想像力が豊かなアニメ声優、華があって周りを引き込む力がある舞台俳優、チャレンジ精神旺盛で努力型に向く外画吹替え声優、真面目で堅実なタイプに向くナレーター、あなたはどのタイプでしょう?

また、ひとくちに声優といってもアニメ、舞台で役者もする声優、ナレーターでも活躍する声優、MCやDJもできる声優、歌手もできる声優など様々。どんな分野で自分の才能を発揮できるのでしょう?

こちらでは声優に向いているのかどうか?どんな声優がむいているのか?について適性診断ができるので、ぜひトライしてみてください。

STEP2:トレーニングを受けよう

全くの未経験から、いきなりオーディションを受けてプロの声優になるというのは極めて確率が低いことです。

声優になるには、まずプロとして活躍するために必要な技術を身につけることが重要。そのために声優学校に通うことは必要不可欠です。

声優になるための学校には専門学校と養成所があり、専門学校は学歴として履歴書に記載できます。

養成所はプロダクションや劇団直結で学歴とはなりませんがプロになる人材を育成する場で、大学等に通いながらとか働きながら通うのなら養成所がおすすめです。

声優養成所でのトレーニングは明瞭ではっきりとしたで声を出す発声練習と並行して体力をつくる肉体訓練、演技練習、吹替、ナレーションなどを基本から学びます。

STEP3:オーディションを受けよう

プロの声優になるにはプロダクションに所属するのが一般的ですが、声優プロダクションに所属するにはオーディションを受けなければなりません。

プロダクションに所属するためのオーディションは養成所や専門学校卒業後、または学校によっては在学中から受けることになります。

オーディションに受かるには基本的な技術力が必要で基礎が備わっていないとよほどのことがない限りオーディションに受かりません。

養成所や専門学校では基礎をしっかり身につけましょう。

プロ声優であれば個性を求められますが、オーディションではあくまで世間一般的な常識が重要視されるので、普通の企業に就職するように、正しい履歴書を用意する、言葉遣いを良くする、的確に受け答えするなど、基本的な部分を怠らないようにしましょう。

STEP4:所属を目指そう

養成所や専門学校を卒業しオーディションに合格するとプロダクションに所属、やっとプロの声優になったといえますが、プロダクションには「準所属」「ジュニア」「あずかり」と呼ばれる本所属の前段階があり、この期間はまだ正式な所属ではありません。

デモテープを作ったり、積極的にマネージャーに働きかけたり、やる気を見せて自分をアピールすることを地道に行ない、この期間中に実績を残し、ある程度安定して仕事ができる状態になって、ようやく所属となることができます。

しかし所属となっても売れっ子になるまでは声優の仕事一本で生活するのは非常に難しいため、アルバイトをしながら声優をしている人が大半。

声優は声=体が資本なので、不規則な生活の中での体調管理や自己管理が声優の重要な仕事でもあるのです。

STEP5:さまざまな仕事に挑戦しよう

声優の仕事はアニメやゲームのキャラクターの声だけではなく「声」に関する仕事なら何でもこなすのが普通です。

色々な経験を積めば声優としてのキャリアも上がりますし、横のつながりもできて、思いもかけなかった仕事がまわってくるということも少なくありません。

声優の仕事にはアニメの声優、外国映画の吹替え、ラジオのDJ、歌手、ゲームキャラクターの声、ナレーター、舞台俳優のほか、様々なイベント、テレビへのゲスト出演、雑誌の取材、カレンダー、写真集など多岐にわたります。

声優の仕事をするためには声優事務所に所属する必要がありますが、事務所に所属しただけで仕事が回ってくるわけではなく、マネージャーが持ってきた声優のオーディションを受け、それに合格して初めて声優の仕事がもらえます。そのためマネーじゃーとうまく付き合うことも大事なのです。