トップ >  おすすめの声優養成所ガイド >  声優養成所の選び方

声優養成所の選び方

声優になるには、プロダクション直結の養成所に通うことが一番の近道。ですが、ひと口に声優養成所といっても、その数は無数にあります。ここでは正しい養成所の選び方をご紹介します。

声優になるには養成所選びが重要

どんな養成所に通うのかいいのか?まずは当然ながらカリキュラム内容が重要です。

声優になるにはどんな養成所がいい?養成所の中には、未経験者に基礎を教えるだけの講座や、既に専門学校や他養成所で声優のレッスンをしたことがある方に向けた講座が中心のところもあります。

未経験からスタートしプロを目指すなら、基本中の基本である腹式呼吸や発声から、実際に声を当てる、演技をするといった実践的内容まで幅広く、なおかつ実践的な内容まで学べるカリキュラムかどうか、チェックする必要があります。

同じ期間の講座だったとしても、授業時間が多めに取られているような養成所の方が、未経験の方には良いと思います。

クラスの規模についても調べてみましょう。あまりにクラス人数が多いと、自分が演技をする番がなかなか回ってこないということもあるようです。

指導も一人一人に行き渡るか難しいところ。講師との距離が近い、比較的少人数制のものを選んだ方が良いでしょう。

さらに講師の顔ぶれも大きなポイントです。現役で活躍しているプロ声優に教えてもらえるということが第一条件です。

長年第一線で活躍している現役声優ならば、指導力についてもまず間違いないといえます。

専任講師が指導をしている養成所もありますが、現場で使える技術や知識は、やはり現役のプロから学んだ方がより実践的な内容を吸収できます。

仕事のできるプロ声優になるために、はずせないポイントの一つだと思います。

声優の養成所選びはあくまでカリキュラムで!そして費用面。安ければ嬉しい!というのもわかります。ですが、本気でプロ声優になりたいと考えるのなら、将来に向けての自己投資と考えて、安さよりもカリキュラム内容を重要視するようにしてくださいね。

とはいえ、半期もしくは一年分の授業料を前払いという養成所も多く、働きながら通う方には少々厳しいという方もいらっしゃるでしょう。

養成所によっては月謝制、チケット制を取っているところもあります。前払いとなっているところでも、月賦制も可能な場合がありますので、資料を取り寄せて調べたり、問い合わせてみたりすると良いでしょう。

おすすめは中堅プロダクションの養成所

養成所といっても、通常の劇団が主催している養成所は避けた方が無難です。

声優の仕事を長く続けていくためにカリキュラム終了後の進路として、声優専門(もしくは力をいれた)プロダクションへの道が開けていることは、プロとして活躍するための必須条件といえます。

また、大手声優プロダクションよりも、中堅プロダクションの養成所がオススメです。

大手の養成所は、生徒数も相当のもの。そこから勝ち残ってプロダクションへ所属するのは至難の業。さらにプロダクションの規模も多きため、所属後の競争率も非常に高くなっています。

その点、中堅プロダクションならば所属に上がる確率も、所属後の仕事の割合も、ある程度高くなっています。

超売れっ子の人気声優を目指す!というのなら、やはり大手にチャレンジした方が良いかもしれませんが、堅実に声優という仕事を続けていきたいとお考えの方なら、中堅プロダクションの養成所を選ぶのが良いでしょう。