トップ >  声優になりたい人の基礎知識 >  声優になるためのQ&A集

声優になるためのQ&A集

声優になるには?Q&Aここでは、声優を目指す方が疑問・不安に思っていることをQ&A形式でお答えいたします。

声優になるにはどうしたら良いのかの参考にしてみてください。

 

Q.声優に向いているのはどんなタイプ?

A.国語力があり、不明なことはすぐに調べる探究心のある人。

やはり台本や役の理解を深める上では、読解力等の国語力・知識・探求心は必要です。こうした要素を持っている人は、より声優向きと言えるでしょう。

国語力や知識は努力で養えます。声優になるために努力することができるか。向き不向きはこの点にかかっているのかもしれませんね。

また、歌やダンス、おしゃべりなど、マルチな才能が求められる場面も多いです。どんなものにも興味を持てる、好奇心も必要とされます。

体が資本の仕事ですので、体力もつけておいた方がいいかもしれません。

Q.いままでお芝居の勉強をしたことがないけれど大丈夫?

A.養成所に入るまで、お芝居未経験の方も多いです。

最初は誰もが未経験からスタートするものですので、あまり心配をしなくても大丈夫です。

ただし、養成所の中には経験者の割合が高いところもあるようです。学べる内容をチェックし、未経験者の受け入れ態勢が整っている養成所を選ぶようにしましょう。

Q.養成所出身の現役声優は?

A.現在声優として活躍されている方の大半が養成所出身です。

声優学科のある専門学校を卒業した方でも、一旦は養成所に入ってからプロダクションに所属している方が多いようです。

その他、舞台等で活躍していた俳優が、声優の仕事をするようになった、というケースもあります。この場合は養成所出身とは違うと言えますね。

養成所出身でない声優の多くが、こうした他の媒体での俳優・アイドルの転身のようです。

Q.声優になるのを反対している両親。説得するコツは?

A.アルバイトで養成所の入学資金を貯めたり、短期のワークショップに参加したり、現状でできる準備を重ねて意欲をみせては?

声優の良いところは年齢制限がほぼ皆無であること。年齢制限なしで、初心者向けのクラスから受けられるという養成所もあります。

なので、結論を焦る必要はありません。自立できるようになるまで待つというのもひとつの手です。

現段階でできる準備をし、本当に自分は声優になりたいのだという意志を見せ、じっくり説得を重ねてみましょう。