トップ >  声優になりたい人の基礎知識 >  声優の仕事内容

声優の仕事内容

歌手活動をしたり、テレビに出演したり、アイドル的な活動をする声優も多い昨今、イベントの開催やラジオのDJなど様々な仕事があります。声優になるために必要なスキルは?

近年ではネット媒体カーナビ等の電子機器における仕事も増えているようです。が、現状としては、やはりメインの仕事となるのはアニメや映画の吹き替えテレビ番組やCMのナレーションであると言われています。

多様な声優の仕事に対応するために必要なスキル

多様化する声優の仕事に、必要なスキルについて見ていきましょう。

まずは代表的な吹き替え演技力や表現力が必要なのは当然ですが、知識や探求心、読解力も必要なスキルと言えます。役を演じる上では、環境や時代背景等、役を理解するための知識が欠かせません。知らないことについては調べる、という探求心も必要になってきます。
読解力も台本を読み、内容や役を理解する上で重要と言えるでしょう。そのためには本をたくさん読んで、知識・国語力を養うことが大切になってきます。

続いては歌手活動歌唱力は大前提ですが、舞台において自分を魅せる力ステージング能力も重要となってきます。ダンスや歌唱のレッスンに力を入れている養成所が多いのも、このためと言えるでしょう。

最後にDJやMC自分の言葉での表現、話術、他者とのコミュニケーション等、多くの技術を必要とします。番組を進行する能力、広い視野と冷静な判断力も問われるでしょう。更に、キャラ立ちしていること、も注目すべき点のひとつかもしれません。早い段階からフリートークの課題を与え、そうした人材を育てようとしている養成所もあるようです。